島根県 出雲徳洲会病院 出雲市 斐川町 内科 外科 整形外科 脳神経外科 皮膚科 婦人科 放射線科 麻酔科 内視鏡検査 人間ドック 特定健診

放射線科

  • HOME »
  • 放射線科

放射線科

現在放射線科では放射線技師7名で24時間、365日いつでも検査に対応できる体制を整え、常に最高の画像を提供することを常に心がけ、日々精進しております。
また当院では、様々な放射線画像診断機器を備えており、院内のみならず地域医療機関の先生方からの画像診断依頼も広くお受けしております。

装置一覧

一般撮影(レントゲン)検査

レントゲン検査は主に、骨折を疑うとき、健康診断での肺の撮影、発熱時の肺炎、心臓や臓器などの大きさ、形などの変化の確認や関節炎など、多くの症状でまず初めに撮られることの多い検査です。

2018年12月よりKONICAのAeroDRのFPDを導入し、よりきれいに詳細な画像を撮影できるようになりました。

CT検査

CT検査とは、X線を使って身体の中を断面で撮影することのできる検査です。
CT検査では脳出血、肺炎、腫瘍、虫垂炎、骨折など様々な病気を見つけることができます。

この装置は瞬時に細かく80断面、0.5mmの撮影ができますので、従来のCT装置よりも遥かに高い診断能力を持っています。撮影時間も胸部領域では約5秒と大幅に短くなり、また、撮影中の適切な電流制御を行うことで、大幅な被曝の低減が可能になりました。

どんな病気がみつかるのか?

CT検査では脳出血、肺炎、腫瘍、虫垂炎、骨折など様々な病気を見つけることができます。

当院では、手術手技に合わせた3D画像の提供を行っており、手術を受けられる患者様や執刀医にとって、よりメリットのある最善の画像提供を行っています。

MRI検査

MRI検査は強い磁石と電波を使って身体の内部の状態を検査する方法です。
MRIは磁気をつかうため放射線により被ばくはありません。
当院では、2019年8月から最新のSIEMENS社の1.5TMRIを導入しました。

どんな病気がみつかるのか?

MRIでよくわかる病気には、脳梗塞、椎間板ヘルニアなどがあります。また、子宮、卵巣、前立腺等の骨盤腔に生じた病変を見つけるのも得意です。


X線TV(透視)検査

X線TV検査とは、X線を連続的に用いて動きをリアルタイムに観察して撮影を行う検査です。多くの場合、造影剤を使用し、臓器や関節の形態、位置などを調べて内視鏡装置、超音波装置を併用することで検査のみならず治療を行うこともあります。

当院では2020年7月より機器の更新を行い、Canon製のZEXIRAに更新をし、透視検査、下咽頭造影、シャント検査、内視鏡下の検査など幅広く検査を行っております。


骨密度検査 (DEXA法)

骨密度検査とは、若い人と比べてどのくらい骨の量が減っているかを調べます。骨がもろくなっているかどうかを知る指標として代表的なものが「骨密度」です。「骨密度」とは「⾻の強さ」を表したものです。この⾻密度が低下すると「⾻粗鬆症」のリスクが高くなります。

⾻密度は年齢とともに減少していくといわれていますので定期的な検査で⾻密度を測定することで「⾻粗鬆症予防」を早期に開始することができます。

当院では2020年6月に全身用骨密度装置に更新しました。
当院に新しく導⼊された装置は、腰椎と股関節にごく僅かな放射線を当てることで測定をしています。当院では患者様に10分程度寝ていただいているだけで正確な⾻密度を測定することができます。

マンモグラフィ検査

マンモグラフィ検査とはX線を使用し、腫瘍の有無、大きさや形、石灰化の有無を調べる検査です。乳房を挟みながら圧迫し、撮影をします。

マンモグラフィ検査では触診ではわからない小さい腫瘤や微細石灰化(非常に細かい石の粒)等、描出することができます。
石灰化乳がんの探索が最大の特徴です。

マンモグラフィ装置は現在更新予定です。

島根県出雲市斐川町直江3964-1 TEL 0853-73-7000 おかけ間違いのないようご注意ください

メールでお問い合わせはこちら
  • お問い合わせ
HOME 病院紹介 外来案内 診療案内 部門紹介 医師のご紹介 入院案内 外来診療担当表 各種健康診断 専門外来 医療スタッフ募集 Q&A(医局)
湘南鎌倉医療大学
ピアレビュー
職員専用 講習会受講管理システム
Copyright © 出雲徳洲会病院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.