島根県 出雲徳洲会病院 出雲市 斐川町 内科 外科 整形外科 脳神経外科 皮膚科 婦人科 放射線科 麻酔科 内視鏡検査 人間ドック 特定健診

外科

外 科

田原英樹(院長)

 

【経歴】
1987年 島根医科大学医学部卒業
1987年 島根医科大学医学部附属病院 研修医(第2外科)
1988年 益田地域医療センター医師会病院 外科
1988年 麻生飯塚病院 外科平成3年千代田中央病院 外科
1992年 島根医科大学医学部附属病院 医員(第2外科)
1993年 島根医科大学医学部附属病院 助手(第2外科)
1996年 六日市病院 外科部長
1996年 島根医科大学医学部附属病院 助手(第2外科)
2004年 島根大学医学部附属病院 消化器・一般外科
2004年 島根大学医学部 学内講師
2006年 出雲徳洲会病院 副院長
2008年 出雲徳洲会病院 院長

【資格】
日本外科学会 外科専門医
日本消化器外科学会 消化器外科専門医
日本プライマリ・ケア連合学会 プライマリ・ケア認定医・指導医
日本病院総合診療医学会 病院総合診療医

【学会活動・その他】
医学博士(島根医科大学)
臨床研修指導医

田原成泰

 

【経歴】
2016年3月 神戸大学医学部卒業
2016年4月 麻生飯塚病院
2018年4月 島根大学医学部附属病院 消化器総合外科
2019年4月 松江赤十字病院
2020年4月 出雲徳洲会病院

外科診療の紹介

私たち外科チームは患者様・ご家族の気持ちに寄り添いながら手術・治療を行っています。
麻酔科医、消化器内科医、病理診断医が増えたことにより幅広い手術が可能となりました。

●こんな手術をやっています
食道・胃・大腸・胆道・膵臓・肝臓・腹壁などの悪性腫瘍や良性腫瘍・炎症などさまざまな手術をしています。
食道がん・胃がん・大腸がんは腹腔鏡や胸腔鏡を用いて術後の復帰を少しでも楽にできるよう配慮しており、鼠経ヘルニアは手術翌日に退院することができます。
肛門疾患(痔や直腸脱など)も積極的に手術を行っています。
また腸閉塞や胆嚢炎などは緊急手術も対応しています。

●痔について
当院では内痔核に対し注射の治療(ALTA療法)を行っています。
ALTA療法とは内痔核に薬剤を注入して痔に流れ込む血液の量を減らし、痔を硬くして癒着・固定させる治療法です。

1週間~1ヶ月かけて痔核の縮小・退縮がおこり脱出を改善します。
【メリット】
痔核を切り取る手術と違って、痔核の痛みを感じない部分に注射するので、「傷口から出血する」「傷口が痛む」といったことがほとんどありません。
入院期間が短く、1泊程度で退院可能です。

退院後は、副作用が起きることもありますので、定期的に通院が必要となります。
肛門のトラブルはなかなか相談しにくい問題です。当院では女性外科医もおり、外来では男女の希望に合わせて診察にあたっています。
気になる症状がありましたらご相談ください。

「NCD事業参加」について

http://www.ncd.or.jp/about/pdf/article_1_2.pdf

島根県出雲市斐川町直江3964-1 TEL 0853-73-7000 おかけ間違いのないようご注意ください

メールでお問い合わせはこちら
Copyright © 出雲徳洲会病院 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.