平成27年度 出雲徳洲会病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 0 6 22 21 41 49 112 238 638 298
当院は80歳以上の占める割合が66%と高齢者の占める割合が多い。これは地域の高齢化とともに、施設入所者の紹介や他院から転院することが多いためと思われる。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 56 33.89 14.34 1.79 80.77
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 50 36.98 21.69 0 86.62
050130xx99000x 心不全 28 44.75 18.30 0 83.36
年齢階級別退院患者数で示したように高齢者の入院が多いため、高齢者の疾患である誤嚥性肺炎などの肺疾患が多い傾向。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 15 18.87 14.34 0 82.87
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 13 50.62 21.69 0 84.54
100380xxxxxxxx 体液量減少症 11 36.55 9.18 0 86.18
外科も手術だけでなく、総合医として高齢者の疾患にも対応しているため、肺炎などが多くなっている。
形成外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 10 30.4 14.34 0 91.2
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 10 22.7 21.69 0 87
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 7 3.57 3.54 0 78.43
形成外科も総合医として高齢者の疾患にも対応しているため、肺炎などが多くなっている。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 34 69.56 21.69 2.94 84.71
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 23 85.83 13.64 4.35 79
100380xxxxxxxx 体液量減少症 20 50.5 9.18 0 86.35
脳神経外科も総合医として高齢者の疾患にも対応しているため、肺炎などが多くなっている。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 28 48.21 21.69 7.14 86.75
040080x099x0xx 肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎(15歳以上) 23 40.96 14.34 0 82.61
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 14 5.21 5.50 0 66.71
皮膚科も総合医として高齢者の疾患にも対応しているため、肺炎などが多くなっている。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 3 1 0 0 4 0 1 7
大腸癌 0 8 6 1 10 8 1 7
乳癌 1 1 0 0 2 0 1 7
肺癌 0 0 1 6 10 0 1 7
肝癌 0 0 0 0 1 0 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
癌に関しては胃癌は当院の検診で発見される割合が比較的多いため、早期癌が半分を占めるが、不明については他院からの紹介である。大腸癌は当院の検診で発見したり、他院で診断され、当院に手術目的で紹介されることがあるため、進行度も比較的分散されている。乳癌は専門病院に紹介することが多いため入院が少ない。肺癌は当院で早期で発見されても専門病院に紹介しているため、当院で入院加療することは少なく、反対に進行癌は緩和ケアを含めて当院に紹介されるため入院が多くなっている。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
重症度 0 11 5.91 59.09
重症度 1 35 27.14 83.20
重症度 2 36 34.50 86.36
重症度 3 19 54.37 87.05
重症度 4 2 14.00 90.00
重症度 5 0 0.00 0.00
不明 1 31.00 96.00
市中肺炎の重症度については、重症度2の割合が多く平均年齢も86歳と高齢である。そのため、肺炎が改善してもADLが低下しリハビリに時間を要するため、入院期間が延長している。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 12 18.33 80.42 8.33
その他 0 0 0 0
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 1 8 60 0
その他 0 0 0 0
I63$ 脳梗塞 3日以内 23 36.87 84.04 3.33
その他 7 147 79.86 13.33
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 1 9 62 100
その他 0 0 0 0
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 0 0 0 0
その他 0 0 0 0
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 0 0 0 0
その他 0 0 0 0
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 0 0 0 0
その他 0 0 0 0
脳梗塞や一過性脳虚血発作は、発症から3日以内に入院される方がほとんどである。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位3位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K386 気管切開術 10 58.3 190 10 85.6
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術を含む) 7 20.14 106.14 28.57 82.29
K805 膀胱瘻造設術 1 1 3 0 87
担当医が所属する科で集計。
高齢者の疾患に対する手術が多い傾向。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 12 0 1.42 0 68.75
K672-2 腹腔鏡下胆のう摘出術 12 1.17 4.67 0 66.08
K664 胃瘻造設術 11 19.27 32.55 27.27 80
良性腫瘍に対する腹腔鏡手術が多い。
形成外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2191 眼瞼下垂症手術(眼瞼挙筋前転法) 7 0 2.57 0 78.43
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術を含む) 5 18.2 158.2 20 87
K0053 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4㎝以上) 2 0 1.5 0 47.5
担当医が所属する科で集計。
データは前年度の集計であり、現在、形成外科はありません。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K616-4 経皮的シャント拡張術・血栓除去術 13 36.38 97.38 0 71.69
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術を含む) 12 56.92 143.25 58.33 81.75
K610-3 外シャント設置術 7 10.86 234 0 81
担当医が所属する科で集計。
脳神経外科は透析患者にも対応しているため、透析関連手術が多い傾向。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術を含む) 4 110.5 344.75 75 80.75
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(長径6㎝以上) 2 0 16 0 72.5
K386 気管切開術 2 22.5 212.5 0 75
担当医が所属する科で集計。
高齢者の疾患に対する手術が多い傾向。皮膚科疾患では、皮膚腫瘍に対する手術が多い。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 0 0.00
異なる 1 0.07
180010 敗血症 同一 24 1.75
異なる 8 0.58
180035 その他の真菌感染症 同一 0 0.00
異なる 0 0.00
180040 手術・処置等の合併症 同一 9 0.66
異なる 0 0.00
高齢者の入院患者が多いため、感染症が重症化して敗血症となる傾向。手術・処置等の合併症の発生内容は、全て透析のシャント狭窄であり、入院にて拡張術を施行している。
更新履歴
2016.09.28
公開